読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちえりゅう日記

ちえりゅう、2児のパパが興味あることを綴っています

amazon usで買い物をしてみた

日記 買い物

f:id:chieryu-papa:20160621221005j:image

これから夏本番。

子供とのサーフィン、週末の小波、混雑の湘南でも波乗りができるように、このボードが欲しい!!

以下ボードの説明文

TIME TO WALK THE PLANK!

Move over hipsters! There’s a new Odysea in town and its packing 9” of pleasure! Whether you like camping out on the nose or dropping a little knee on your turns, the Plank delivers that smooth old-school single-fin flavor with that same great LOG mega-float for wave hogging.

7’0” x 22.0” x 3.125” (72 Liters)

FEATURES

Special Fin Box that Accepts any Standard Longboard Fin
9” Performance Single Fin Included
Super-Fun for all Skill Levels
Tons of Float and Easy Wave Catching
Stiff Dual Composite Core
Triple Maple-Ply Stringers!
Durable HDPE Slick Bottom with Bumper-Tail
Old-School PE Deck with Throwback Design
Designed by Catch Surf in California, U.S.A.

 

Odysea The Plankの概要

“やわらかオディシーで本格ログライド”
ソフトボードの常識をくつがえした本格派ログボード
ODYSEAシリーズに待望のシングルフィンモデルが登場!!

Odyssey(オデッセイ)、それは長い冒険の旅を意味しています。
ギリシャ神話の英雄オデュッセウスの旅を描いた叙事詩が語源。

サーファーにとっての海は、まさに冒険であり、旅への渇望を煽る神聖な場所。
「冒険+海」
それがCATCH SURF 『ODYSEA(オディシー)』!!

今までのソフトボードのイメージは、
 ・重たくなる
 ・フィンが外れやすい
 ・それなりの乗り心地
 ・波打ち際(ホワイトウォーター)のみでの楽しみ

最新作『ODYSEA(オディシー)』は、そんな今までのソフトボードのイメージを根底から覆した本格派ログボード。7,8,9フィートの3サイズと自分にあったサイズを選べるのも嬉しい。

もちろんソフトボードなので感触はやわらかく、ぶつかっても安全。
しかも軽いので持ち運びが楽チン!
しかしながら、その性能はもはやソフトボードの領域を逸脱しています。

芯材をダブル使用していたり、さらには木製トリプルストリンガー!(7フィートモデルはダブル)
耐久性のあるスリックボトムに、「フォーム・スカッシュ」と名付けられた耐久クッション材のテイルブロック。
乗りやすさの秘密がいたる所に隠されています。

 

 

気になってからネットで調べたり、店舗の在庫を調べてたら、欲しくなっちゃいました^^;

が、ミリタリーグリーンは売り切れ、あっても7月末の予約表示や、7月入荷との説明を信じて注文したら、9月入荷になります...って。

で、とある6月中旬。

メーカーのお国のamazon usを覗いてみると、なんと在庫があるとの表示が!!

でも海外のアマゾンで、しかもサーフボードなんて購入できるのか!?

てことでいろいろ調べてみて・・・

参考サイト↓

海外のアマゾン(Amazon)で購入する方法

初の海外サイトでポチってみました!!

日本時間6/23 23:00オーダー

f:id:chieryu-papa:20160704211807p:image

f:id:chieryu-papa:20160704211851p:image

6/24 5:30のメールで発送完了のメールが!

順調にとどくかな?とドキドキしていると。

f:id:chieryu-papa:20160704212331p:image

なんかエラーが出てる(>_<)

住所に問題があって発送できないから、アマゾンにコンタクトを取れって!? 

※英語が全くダメなのであくまでもイメージです

 

なのでamazon usのサポートに翻訳ページを駆使して、メールをしました。

 

アドレスに問題あるみたいだけど、どこがだめか教えてください。

 

サポートからじゃ問題がわからないから、セラーに確認するよう指示します。

2営業日ほど待ってください。

 2営業日待たずに

セラーが再発送するから、待っててください。

ほぼ同時にセラーから再出荷完了のメールが来ました。

でも、メールをみるとUPSで発送されてるみたい。

調べるとUPSって航空便らしい。

amazon USAの発送オプションでお急ぎ便みたいなのは500$のプラスになってたんですけど。。。

またサポートにメールするも返信はなしでした^^;

UPSでは追跡が可能だったので、とりあえずウォッチしながら待ちます。

 

現地時間

06/27/2016 5:21 P.M.

The shipment has been dropped off and is now at The UPS Store®.

Aliso Viejo, CA, US

06/27/2016 5:49 P.M.
Collection Scan

06/27/2016 9:32 P.M.
Origin Scan
06/27/2016 11:19 P.M.
Departure Scan

Ontario, CA, US
06/28/2016 12:35 A.M.
Arrival Scan 

Ontario, CA, US
06/29/2016 2:35 A.M.
Departure Scan

Anchorage, AK, US

06/29/2016 6:35 A.M.
Arrival Scan

06/29/2016 7:12 A.M.
Export Scan

06/29/2016 8:28 A.M.
Departure Scan

Narita, JP
06/30/2016 8:37 A.M.
Arrival Scan
06/30/2016 1:52 P.M.
Import Scan

Tokyo, JP
06/30/2016 8:30 P.M.
Transferred to a local agent for delivery. The delivery will be rescheduled

Tokyo, JP
07/01/2016 11:59 A.M.
The package is being held for a future delivery date. We'll attempt to deliver on the date requested. / Delivery will be rescheduled

TOKYO, JP
07/01/2016 8:30 P.M.
Delivered

 

発送から4日で自宅に到着!

f:id:chieryu-papa:20160705214613j:image

ちなみにamazonのステータスは

f:id:chieryu-papa:20160705214656p:image

ほぼ変わらず(笑)

f:id:chieryu-papa:20160705214720j:image

f:id:chieryu-papa:20160705214740j:image

早速開封してチェック。

まぁスポンジボードなので大丈夫ですね!

これがPUやEPSなどだと、こうは行かないかな!?

それでは今回かかった費用を発表。

Items:$324.99
Shipping & Handling:$128.00
Total Before Tax:$452.99
Estimated Tax Collected:$0.00
Order Total $452.99

為替1$=103円で計算すると

$453×103=46,659円でした。

今回配達時に国内の消費税とか関税がかかるのか、わからなかったのですが、配達時の徴収は0円。

後日UPSに問い合わせしましたが、伝票が0円になっていれば、請求はないそうです!

てことで、日本では60,000円に8%の消費税で売っている物を、約2万円安く購入することができました!

発送から到着まで、関税など不安要素はありますが、なんか海外amazonハマっちゃいそうです(笑)

次はポンド安を狙ってUKかな!?

肝心のボードについては、また別記事を書きたいと思います!